文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

地域完結型医療の実現を目指して

■ 今後の病診(病)連携の課題
 

【済生会熊本病院院長】
 今後の課題ですが、一応熊本市内に限っては連携ネットワークが大方でき上がっている。

須古先生資料-11.jpg

 ただ、もちろん完全ではないし、完全でないのをどうやって補正していくかとなると、それぞれの病院が会合を持っています。私どもの病院であれば病診連携会議を年に2回ほど開催しています。

 その中には会議をどのようにして運営していくか、その病院だけではなくて、周りのネットワークに参加されている病院からも代表を出していただいて、そこで重要問題、案件事項等を討議して、コンセンサスを得てやっていくというやり方です。

 一応ネットワークはできたのですが、連携医療の中の連携というマネージメントがきちんとできているかというと、これはまだできていない。今後の課題だろうと思います。

 では、マネージメントはどういうことかと言いますと、本当にその連携が患者にとってよかったのか悪かったのか、あるいは自分たちの提供している医療そのものの質を上げているのかどうかとか、その辺りの詳細な検討が必要ではなかろうかと思っております。
 

【目次】
 P2 → 熊本市内の連携医療の特徴
 P3 → 熊本市内の病院環境
 P4 → 入院患者数比較
 P5 → 「自己完結医療」から「地域完結医療」へ
 P6 → 連携パスの動向
 P7 → 今後の病診(病)連携の課題
 P8 → 連携ネットワークの質の管理
 P9 → 連携医療とは
 P10 → 今後の対策

  • ロハスな商品を厳選してお届け! HAPPY GRIN
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス