文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

周産期・救急懇談会4

有賀
「話してもいいか。搬送の件、このデータから言えるのは都市部で搬送する側の救急隊が困っているという話だ。ピッチャーが投げたくてもキャッチゃーが取ってくれないということはあるんで、省庁連携と言うならば、消防庁に聞くと同時に、厚生労働省にもどうなっているんだろうねと聴いてもらわないと。そういうことをしっかり入れ込んでほしい」

大臣が完全に一本取られて、岡井座長
「データの分析は細かく見ないと分からない。名古屋は200件だけれど東京は2000件だから10倍あったら、訳分からないものも出てくる。それに3割は千葉とか神奈川とか埼玉とかのを受けているから」

舛添
「岡井先生、東京の責任者だったか」

ということで次回が最終回だそうだ。

 1  | 2
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス