文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

新型インフルエンザ 正しい手洗いの方法


 続いてインフルエンザ予防に効くというエビデンスのない「うがい」。

 消毒薬を使ってうがいするより、水でうがいした方が風邪をひきにくかったという論文は出ているそうなので、既に習慣のある人が無理にやめる必要はありません。ただし、間違っても逆効果にならないようにする必要はあります。

 「消毒薬は体の組織も障害するので、水より結果が低かったのかなという気がしてます。こう考えると、やるならぬるま湯でいいんではないでしょうか。エビデンスはありませんけれど、気持ち悪くなければ、お茶を使うのも悪いことはないでしょう。マウスウォッシュなのかガーグリングなのか目的をハッキリさせて、必ず手洗いの後にやってください」(森澤部長)
 
この記事へのコメントはこちらへ

 1  | 2
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス