文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

「厚労省は腹を割って話してほしい」―民主党・梅村聡参院議員

 民主党の梅村聡参院議員(厚生労働委員会「介護・医療改革作業チーム」事務局長)は8日、新型インフルエンザ対策で海外ワクチンの輸入契約が未締結であることなどを指摘した上で、「(厚労省が)腹を割って話して頂いたら、我々は協力するし知恵も一緒に出したらいい。決まってないならないなりに、政治が決断しないといけないことをちゃんと話してもらえたら、僕らは十分協力する考えはある」と述べた。(熊田梨恵)
 

 梅村議員は、昨日開かれたインフルエンザ対策に関するヒアリングについてロハスメディアの取材に答え、輸入ワクチンの契約がや、優先接種対象者の実施案について疑問を呈した。その上で、政治判断が必要な部分については早い時期に相談を持ち掛けてほしかったとした。

 「彼らの立場に立って見れば、風邪に近いものに対策を立てるというのは初めての話なので無理ないこともない」と理解を示した。政治家と官僚の関係を料理に例えて見せ、「材料は彼らの方が豊富に持っている。切ったり炒めたりも彼らのほうが上手かもしれない。その料理にどんな料理名や値段を付けてどんな人に食べさせるのか、売り方や食べさせ方、PRの仕方は僕らのほうが民間に近いので(知識が)ある。その二つが結びつけば、ものすごく大きな力になる」と述べた。
 

  • ロハスな商品を厳選してお届け! HAPPY GRIN
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス