文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

薬害とドラッグ・ラグ 発生源は同じ 福田衣里子氏

 民主党の福田衣里子衆院議員は7日、都内で開かれたシンポジウムの席上で「薬害とドラッグ・ラグは相反するものという主張をする人たちがいて、お互いに敵対するようにされてきたが、どちらも発生源は同じだ」と述べ、それぞれの解消を求める患者運動は共闘できるとの認識を示した。福田氏は、薬害肝炎全国原告団の代表の1人で、薬害肝炎検討会の委員も務めていた。(川口恭)

 この日開かれた『現場からの医療改革推進協議会』の席上で以下のように述べた。

「薬害とドラッグ・ラグは相反するものという主張をする人たちがいる。私たち薬害患者たちが厚生労働省へ行くと『ドラッグ・ラグを訴える人たちがいるから無理』と言われ、一方でドラッグ・ラグ被害を訴える患者たちが行くと『薬害を訴える人たちがいるから慎重にやるんだ』と言われ、お互いを敵対するようなことをされてきたけれど、私たちもバカではない。発生源は同じじゃないかと思う。儲かる薬なら害があっても何年も売り続けるのに、儲からない薬ならどんなに患者が求めても申請すらしない。それが本質」

この記事へのコメントこちら

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
loading ...
月別インデックス