文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

漢方の保険外し反対署名 第一陣27万人分 厚労省へ

1201kanpouhoken.JPG 先月11日の事業仕分けで漢方薬を含む市販品類似薬を保険適用外とする方針が示されたことに対し、日本東洋医学会、NPO健康医療開発機構、日本臨床漢方医会、医療志民の会の4団体は1日、漢方薬の保険適用継続を求める27万3636人分の署名を、厚生労働省に提出した。対応した外口崇保険局長は「政務三役ともよく相談して、後々に禍根を残さないようにしたい」と述べた。(川口恭)

 この署名は12月7日まで行われ、第二陣もまた厚生労働省へ提出されることになっている。

 外口局長は以下のように対応した。
「大変財政が厳しいという背景はあるが、この問題は大変に難しい。先生方の仰るようにしっかり診察して証を見極めてという点、それから患者さんの負担の問題、と同時に医薬品の場合は安定供給が大変に重要。それがどうなるのかも大きな問題であり慎重に対応しなければならないと思っている。政務三役ともよく相談して、後々に禍根を残さないようにしたい」

この記事へのコメントこちら

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
loading ...
月別インデックス