文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

岐路に立つ中医協の分科会

■ 「分科会が振り回される」 ─ 松田委員
 

[松田晋哉委員(産業医科大医学部公衆衛生学教授)]
 (前略)DPCは、「E・Fファイル」(診療報酬請求情報)でかなり細かい情報を取っているので、とりあえず今、集めている情報で取れるような指標を先に提案されたほうがいいだろう。(中略)

 それに絡んで、基本小委とこの分科会との関係性の話ですが、DPCの強みはデータをたくさん持っていることだろうと思う。そういう意味で、具体的な議論はこちらでできると思います。

 DPC以外の区分はどれぐらい細かい所が......、分析できる形で集められているかは、まだきついんじゃないかなと思う。そうするとデータがない状態で、"あるべき論"が基本小委でポッと出てしまって、それに分科会が振り回されるということは少し......(委員ら、笑い)、まずいように思うわけでありまして......。

 ここの関係性の所、(小委からの)宿題の出され方も少しコントロールしていただかないと......(会場も笑い)、たぶん......。その辺は事務局にお願いしたいと思います。(以下略)


 
 (この記事へのコメントはこちら

 


【目次】
 P2 → 中医協とDPC分科会の関係
 P3 → 「小さな病院でも生き生きと」 ─ 酒巻委員
 P4 → 「重み付けの議論を」 ─ 小山会長代理
 P5 → 「長期的なDPCの制度設計を」 ─ 齊藤委員
 P6 → 「係数間の重み付けは小委で」 ─ 厚労省
 P7 → 「分科会が振り回される」 ─ 松田委員

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | 7
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス