文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

原発作業員の健康被害に備え補償策を ─ 虎の門病院

山口徹・虎の門病院院長(左).jpg 虎の門病院(東京都港区)は3月29日、同院内で記者会見を開き、「原発作業員を守るため、希望される方に自分の造血幹細胞を早急に採取・保存しておける体制を整えた」と発表した。(新井裕充)

 山口徹院長は、「万が一にも放射線による健康被害を生じた場合に、あらかじめ自己の末梢血の幹細胞を採取しておけば、そのような場合にも適切に対応できる。万が一の補償の策として非常に役に立つことを願っている」と述べた。

 会見の模様は以下の通り。

[山口徹・虎の門病院院長]
 院長の山口でございます。本日はお忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございます。後は座らせてお話しさせていただきます。

[内田直之・虎の門病院血液内科医長]
 皆様、お忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございます。それでは、原発作業員のための自己末梢血幹細胞採取に関して、虎の門病院の記者会見をさせていただきます。

 会見させていただきますのは、国家公務員共済組合連合会・虎の門病院、山口徹病院長。

 お隣が、虎の門病院血液内科、谷口修一部長。

 さらにお隣が、九州大学遺伝子・細胞療法部の豊嶋崇徳准教授においでいただきました。

 私は、虎の門病院血液内科の内田と申します。本日、司会を務めさせていただきます。お配りしている資料は5部(6枚)になりますので、ご確認の程をよろしくお願いいたします。

 それではまず、病院長の山口よりご挨拶を申し上げます。

虎の門病院会見資料1.jpg

【目次】
 P2 → 「健康被害の脅威ある中で作業」 ─ 山口院長
 P3 → 「生殖器の次に障害を受けるのが骨髄」 ─ 谷口部長
 P4 → 「突飛なことをやるわけではない」 ─ 谷口部長
 P5 → 「未承認薬は50人分を輸入している」 ─ 谷口部長
 P6 → 「日本全国の血液内科の病院が一体となって」 ─ 谷口部長
 P7 → 「オールジャパンで支援体制を組みたい」 ─ 豊嶋准教授

1 |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7 
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
loading ...
月別インデックス