文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

医療システムと必要医師数

■ 国立大学附属病院の役割と機能
 

【千葉大学医学部附属病院長】
 最後に、地域医療の状況が多様化している中で、どこが医療の分析、医療立案、行政とのタイアップによる実行ということをやっていくのか。

河野陽一氏資料-33.jpg

 国立大学というのはほぼ全国に配置されていますから、教育、研究、診療の他に、地域医療に当然大きな役割を担わなくてはならない。

 そしてそのときに、大学病院が、このような地域医療を分析し医療政策を立案・計画等を進めていく上で、一つのセンターといいますか、コンダクターとして役割を果たすことは重要であろうと考えているところで、現在、千葉大学においては地域医療政策部門の整備を進めております。


【目次】
 P2 → 高齢化率
 P3 → 高齢者数の増加
 P4 → 医療圏による患者数推移の相違
 P5 → わが国の医師数の動き
 P6 → 医療問題は誰の責任か?
 P7 → 医師数と医療システム
 P8 → 病院での死亡者数の増加
 P9 → 在宅医療推進の目的
 P10 → 在宅死率30%の効果
 P11 → 疾病コントロールによる効果
 P12 → 循環型医療と医療情報の共有
 P13 → チーム医療からIPW
 P14 → 国立大学附属病院の役割と機能
 P15 → 医療需要増加に対する対策

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス