文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

医療システムと必要医師数

■ 医療需要増加に対する対策
 

【千葉大学医学部附属病院長】
 これは最後のスライドでございますが、医療者の質の確保として適正な医師数の設定、女性医師を含めた医師の確保、それから医療資源の効率的な運用、もう一つは疾病コントロールを行う上での医療者と患者に対しての医学教育、これと医療情報を共有することによって、医師数の問題というのも全く違ったものになってくると思います。

河野陽一氏資料-34.jpg

 以上でございます。

 ▼ 質疑応答は議事録を参照。
 
 
 
 (この記事へのコメントはこちら

【目次】
 P2 → 高齢化率
 P3 → 高齢者数の増加
 P4 → 医療圏による患者数推移の相違
 P5 → わが国の医師数の動き
 P6 → 医療問題は誰の責任か?
 P7 → 医師数と医療システム
 P8 → 病院での死亡者数の増加
 P9 → 在宅医療推進の目的
 P10 → 在宅死率30%の効果
 P11 → 疾病コントロールによる効果
 P12 → 循環型医療と医療情報の共有
 P13 → チーム医療からIPW
 P14 → 国立大学附属病院の役割と機能
 P15 → 医療需要増加に対する対策

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス