文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

へき地で働く医師の背景と思い

■ へき地医師が満足している事柄
 

【梶井英治座長(自治医科大学教授)】
 では実際に満足しているのは何かということで、満足度は先ほどと同じような感じで係数は「非常に満足」「満足」の人たちが分子に、そして分母に「非常に不満」「不満」の人たちの人数が入っています。

梶井座長提出資料_4.jpg

 上位5番を見ていただくと、1番目を除いて後方病院、医療スタッフ、事務スタッフ、医療機器は上位にそのまま位置しています。つまりこのあたりは重視していて、しかもそれがある程度満足のいくものであるということです。

 いちばん満足度の低いところを見ていただくと、重視している項目のトップになっている行政の姿勢が最下位になっている。

 これでどうということではないのですが、こういうような調査結果を皆様にご提示します。

 ▼ 議事録はこちら
 

 
 (この記事へのコメントはこちら

 

【目次】
 P2 → へき地医師の特徴
 P3 → へき地医師が重視している事柄
 P4 → へき地医師が満足している事柄

 1  |  2  |  3  | 4
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス