文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

中医協改革は行政刷新会議が扱う-民主党・鈴木寛参院議員

 民主党の鈴木寛参院議員は16日、「診療報酬の決め方は一つの行政プロセスで、今のプロセスでよいか見直す必要があるところ」と述べ、仙谷由人衆院議員が担当相に起用された行政刷新会議で"中医協改革"が扱われるとの見解を示した。(熊田梨恵)

 行政刷新会議は無駄遣い排除など行政全般の見直しを行うために新設される組織で、党の医療再建議員懇談会会長を務め、がん対策基本法の立法化にも携わった仙谷由人元政調会長が担当相として起用された。
 
 鈴木議員は今後の民主党の医療政策過程についてロハスメディアの取材に答え、行政刷新会議は「従来の行政のおかしいところを直す」と説明。厚生労働行政については「かなりの部分(がおかしい)。医療政策づくりの在り方や決め方」と述べ、診療報酬の決定過程が見直しの対象に入るとした。
 
 
 
※8月30日以降の仙谷議員の記事はこちら
ナショナルセンターに医療経営の専門家を-民主党・仙谷由人衆院議員
社会保障国民会議報告書「まったく関係ない」―民主党・仙谷由人衆院議員
日医・唐澤会長は自己批判と反省を-民主党・仙谷由人衆院議員
中医協「なくすか、改革改組か」―民主党・仙谷由人衆院議員
「公益委員は医療を分かっているのか」―民主党・仙谷由人衆院議員が中医協を批判
「くだらない御用学者集めてやるのをやめろ」―民主党・仙谷由人衆院議員
受け入れ先整備後に、病床削減の議論を-民主党・仙谷由人衆院議員
医系技官通さず現場の情報集める仕組みを-民主党・仙谷由人衆院議員
  
※インタビュー記事はこちら
仙谷由人・衆議院議員インタビュー1
2、がん対策法1年半 忸怩たる思い
 

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
loading ...
月別インデックス