文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

今さら、やっと、PMDA全職員に匿名アンケート 薬害肝炎検討会


 山口
「私もこのアンケート案を見た時に、本音は書いてくれないだろうなという印象を持った。だが我々は問題の根源が組織文化にあるという議論をしている。PMDAの方が第一次提言に対してどのように思ったのか、机上の空論でないかというような生の声を取り入れない限り偉そうなことは言えない。個人的には審査をやっている方の生の声を知りたい」

 大熊由紀子・国際医療福祉大大学院教授(元朝日新聞記者)
「賛成。この委員会のことを一番真剣に見守っているのはPMDAの方々だと思う。漠然とした設問だと答えにくいと思うので、近藤理事長が挙げた5つの理念は実現可能なのか、できないとしたらその壁は何か、を書いてもらえばよい。理事長には、職員に対して本当のことを書いてくれと号令をかけていただきたい。私も内部に何人か知り合いがいるので、本当に全員に号令をかけたか、小声で違うことを言ってないかということは分かる」

 寺野彰座長(獨協医大学長)
「大熊さんは一肌脱ごうという気はないか」

 大熊
「半分くらい」

 小野俊介・東大大学院准教授(薬学・元厚生技官)
「私も賛成。なぜならば現場にいる人の意見をこれまで全く聴いていないから。マネジメントする側の方しか来ていない。隠れた意見は面談で出てくるはずがない。匿名の紙というのはよいと思う。大して費用はかからないし費用対効果がどう悪いのか私には理解できない。どういう意見が出てくるかが怖いから聴かないというのなら、そもそも全員委員を辞めなければいけない」
 完全に形勢逆転である。

 坂田和江委員(薬害肝炎原告団)
「私も賛成。現場主義が何より。野村総研にやってもらうわけにはいかないのか」

 事務局
「一応問い合わせてはみるが、既に本年度はギリギリいっぱいという話を何度も聞いており、簡単にやってもらえそうとは言えない」

 寺野
「水口委員は、自分で言っておきながら、どちらでも構わないんだということだったが」

 1  | 2 |  3 
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス