文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

「ドキシル」出来高算定でも、厚労省の方針に変更なし

■ 分析結果5 ─ ドキソルビシンについて
 

[保険局医療課・迫井正深企画官]
 次に、②(既存の診断群分類で包括評価した4薬剤)の(詳細な)分析です。資料「D─1─4」です。4薬剤をさらに詳細に見たグラフです。08_0519DPC評価分科会.jpg
 まず、何をやったのか。4つの薬剤について関係する診断群分類がいくつかあります。その中で、10症例以上で分析が可能と思われる診断群分類について、個々の症例ごとにプロットしました。個々のドットは患者さんごとです。

 ドキソルビシンを使ったものと使わなかったものとに分けて、○と×で色を変えてドットを打っています。以下も同様です。○と×が別のかたまりになっています。09_0519DPC評価分科会.jpg
 
 【目次】
 P2 → 高額薬剤23製品の概要1(経緯など)
 P3 → 高額薬剤23製品の概要2(分類表)
 P4 → 分析方法
 P5 → 分析結果1 ─ 図の見方
 P6 → 分析結果2 ─ 全体の分布状況
 P7 → 分析結果3 ─ パターンⅠについて
 P8 → 分析結果4 ─ パターンⅡについて
 P9 → 分析結果5 ─ ドキソルビシンについて
 P10 → 分析結果6 ─ ソラフェニブトシル酸塩など3薬剤
 P11 → 分析結果7 ─ まとめ
 P12 → 今後の対応案
 P13 → 「他の高額薬剤を考える場合にも大変重要」 ─ 齊藤委員
 P14 → 「価格は高いが在院日数が短いのが理由」 ─ 山口委員
 P15 → 「傾きか平行移動かで今後の方向が違う」 ─ 伊藤委員

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス