文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

NC支配権を厚労省に残すか 検討チーム、仙谷大臣の閣僚折衝に一任

 内閣府の『独立行政法人ガバナンス検討チーム』が11日、ナショナルセンター(NC)の独法化に関する4回目の会合を開いた。理事長などの選考を、厚生労働大臣ではなく新たに内閣府に設ける『独立行政法人管理委員会』で行うことなどが提言された。この日で議論をいったん終了して、仙谷由人・行政刷新相に対応を一任することになった。仙谷氏が今後、平野博文官房長官、長妻昭厚生労働大臣と折衝し、結論を出すという。(川口恭)

 また、事務局長の大島敦・内閣府副大臣からは、がんセンター、循環器病センターで先行して4月から改革を行い、他のセンターは1年後に、とのスケジュール案が示された。
(この会議の模様は別稿にて)

この記事へのコメントはこちら

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
loading ...
月別インデックス