文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

「標準医療の底上げで、救える命を救う」森臨太郎氏インタビュー③


■「先」より「後ろ」を引き上げる

「僕らは進んでいく『先』じゃなくて、『後ろ』をできるだけ引き上げてあげる方が今は大事だと思います。それをやってから初めて先の話ができると思います」
 
熊田 
「他の診療科もそうできるところはありますよね。例えば、がん拠点病院やエイズ拠点病院とかも、あまりにも地域差や格差がありすぎると思います」
 
森 
「がん拠点病院も何百とありますが、かなり診療内容に差がありますし、一部地域では当然の緩和ケアも他ではなかったりします。それってなんだろうと思います。それをどうにかしようとしたいと思うと、公衆衛生的視点からなんとかしようということになります」
 
熊田 
「医療界もですが、国民全体でこういう事を考えるようになるには、どうなっていくとよいでしょうかね」
 
森 
「社会がもっと余裕を持たないといけないと思います。何のために生きているのか、幸せになるってどういう意味か、共生するってどういうものなのかと。そう思っていかないといけません。自分がそれを生きてやっているという自己責任の意識、それがないといけないと思います」
 
 
(終わり)

この記事へのコメントはこちら

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | 6
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス