文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

「訪問看護の現状と課題」 ─ 秋山正子氏が中医協で意見

■ 訪問までの交通手段や時間に地域格差
 

[秋山正子・ケアーズ白十字訪問看護ステーション所長]
 それから、回数は多くなったのに収入減ということです。
秋山正子先生_10.jpg これは介護保険です。90分が少なくなり、60分、30分が多くなっています。

 介護保険の給付費総額のうち、訪問看護は全体の2%と言われています。わずかな枠の中なんですけれども、それでも「使い控え」が起こっているという現状は非常に難しいかなと思っています。
秋山正子先生_11.jpg 訪問看護の事業所運営として、地域格差がかなり見られております。

 訪問までの交通手段や時間に影響を受けます。効率良く回りたいけれども、それぞれのケアプランに位置付けられた曜日や時間に偏りが生じ、なかなか効率良く回れないという状況です。

 なおかつ人材活用の面でとても難しく、それが最大の課題となっております。
秋山正子先生_12.jpg 固定費の捻出が難しい事業所として、6~7割ぐらいが人件費に取られます。まあ、それは当然なんですけれども......。

 その他の固定費の捻出がなかなか難しく、この辺の工夫が各地域で苦労しているところではないでしょうか。
 

【目次】
 P2 → いのちに寄り添うケアを届けたい
 P3 → がんや難病、小児から超高齢者まで
 P4 → 医療保険が適用できないので自費
 P5 → 訪問までの交通手段や時間に地域格差
 P6 → マンパワーの確保が困難な事業所が多い
 P7 → いつまでも治す医療だけでいいのか
 P8 → 急性期医療が重介護状態をつくり出している
 P9 → 在宅で看取りを経験をした人が在宅を選ぶ
 P10 → 診療報酬上の問題がある
 P11 → 訪問看護の可視化、情報発信を
 P12 → 急性期病院の看護師に在宅の実習を
 P13 → 看取り可能な町は訪問看護の充実から

  • タイ王室の高貴なお茶 お求めはHAPPY GRINで
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス