文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

看護職の配置は、数よりも専門性 ― 日本看護協会

■ 「7対1で看護師不足と言われるのは間違っている」
 

 「看護の不足」と言うと、他の団体などから(2006年度診療報酬改定で)「7対1(入院基本料)」(という手厚い看護配置を評価する点数)をつくったから不足になったんだということをずっと言われ続けていますが、決してそうではありません。

 というのは、(患者7人に対し看護職1人を配置する)「7対1(入院基本料)」を取ることによって、看護職は「超過勤務時間」や「1人当たり夜勤回数」が減っています。そのような意味で、働き続ける上での"負の面"が少なくなってきた。

 「7対1が看護師不足(の原因)」と言いますが、確かに、(06年改定後)当時、1-2年の混乱期はあったかもしれません。従来、(新人看護師を)採っていなかったところ(病院)が、急速に採りましたから。

 しかし、その後も「7対1で看護師不足」と言われるのは間違っているのではないかと思う。むしろ、看護職が同じ職場で働き続けられるようにしている1つの要因に「7対1」はなっていると思っています。

 「看護師不足」と「7対1(入院基本料の創設)」がほぼ同時期に顕在化してきましたので、いつまでもそれが原因のように言われますが、整理して考えなければいけない問題ではないかと思っています。

 まずは、看護教育の改革、研修制度の具体化。これらによって、「辞めないようにしていく」という体制を取ることが一番期待されています。あと1-2週間、あるいは3週間後、今国会で情勢がはっきりしてきますので、それを踏まえて具体化していきたいと思っています。
 

■ 過労死を繰り返さないため、「かえる・プロジェクト」を推進
 

 1年以内に辞める(新卒)看護師が約1万人にいます。もちろん転職する看護師も含まれていますが、多くの新人看護師が(資格を有しながら看護職に就かず)潜在化していくという問題があります。

日本看護協会会見0616_1.jpg この問題にどのように対応していくか。表に出ている超過勤務時間はそれ程ひどくはありませんが、(国立循環器病センターに勤務していた看護師が)過労で亡くなったことを契機にした(日本看護協会の)調査(時間外勤務・夜勤・交代制勤務等緊急実態調査)では、非常に多くの人たちが超過勤務をしていました。

 また、過労死された方と同じ(労働)条件だった方が約2万人いるという結果が出ました。

 それを踏まえて、看護職の"帰るコール"(ナースのかえる・プロジェクト)を提起しました。超過勤務(時間)をあまりにも長くしないで、時間がきたら帰る。そして、次の日の仕事に備える。そのようなことができるようにしたいと思っています。

 これら2つ(看護基礎教育の改革、かえるプロジェクト)を具体化して、「看護師が足りない」という問題をなんとかしていかなければいけないと思っています。

 本日、いろいろなご意見、ご助言を頂ければありがたいと思っています。

 特に、今日の(平成21年度)第2回の会(記者会見)は、新しい理事が決まりましたので、その理事の担当を中心に、その後、(病院における看護職員需給状況等)調査の結果を報告したいと思います。よろしくお願いいたします。

[井伊久美子・常任理事]
 本日のプログラムについて会長から申し上げましたように、▽新役員紹介、各役員の担当説明 ▽「2008年 病院における看護職員 需給状況等調査」の結果速報―の2つが本日の大きなプログラムです。

 まず、新役員紹介、各役員の担当説明を菊池専務からいたします。

[菊池令子・専務理事]
 皆様、こんにちは。専務理事の菊池でございます。

 資料1(平成21年度役員一覧)に沿いまして、簡単に紹介させていただきます。

 ※ 同日の会見資料は日本看護協会のホームページをご参照ください。

 まず、新しく2人が(6月から)常任理事になりました。1人は洪愛子(こう・あいこ)です。「看護教育・認定制度関連」を担当いたします。
 もう1人は、齋藤訓子(さいとう・のりこ)です。齋藤は「訪問看護・介護保険・医療保険・業務範囲関連」を担当することになっています。よろしくお願いいたします。後程、ご挨拶させていただきます。

 続いて、継続の(常任)理事(3人)を紹介いたします。まず、「労働条件・人材確保関連」を担当いたします常任理事の小川忍(おがわ・しのぶ)でございます。

 常任理事の永池京子(ながいけ・きょうこ)は、「看護の質保証関連」で、がんや終末期、医療安全などを担当します。よろしくお願いいたします。

 それから、司会をしております常任理事の井伊久美子(いい・くみこ)でございます。「保健・予防・地域・災害看護関連」、また平成21年度より広報の担当理事となりました。よろしくお願いいたします。

 また、3人の副会長(井部俊子氏、草間朋子氏、坂本すが氏)は昨年度から継続で、担当も同しです。よろしくお願いいたします。

[井伊久美子・常任理事]
 それでは新役員の挨拶を。洪理事と齋藤理事、よろしくお願いいたします。

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス