文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

がん治療の救世主となるか、「ホウ素中性子捕捉療法」

■ 「病院設置型、加速器、BNCTで世界初」 ─ 伊丹科長
 

[伊丹純・国立がん研究センター中央病院放射線治療科科長]
 「世界初となる病院設置型加速器によるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」の確立について、お話しさせていただきます。先ほど(嘉山)理事長先生からお話がありましたように、「ホウ素中性子捕捉療法」自体は歴史が古うございます。

 ただ、それは原子炉でしかできなかった。中性子の起源が原子炉でしかできなかったわけです。それを加速器によって、しかも安全・小型化で、病院に設置しようということです。

 「病院設置型」「加速器」「BNCT」、この3つが合わさるとまさに世界初で、国立がん研究センター以外にはございません。ということで、その中身を説明したいと思います。

 まず、「ホウ素中性子捕捉療法」、BNCTと言うわけですけれども、これは2つの原理に基づいています。まず、人間のある種のがんというのは......。

 よく、ゴキブリ退治に(効果有りとされる)「ホウ酸団子」なんてありますが、ホウ素の化合物を点滴すると、ある種のがんは非常によくホウ素を集積するという性質があります。

 もう1つとして、ホウ素というのは熱中性子、中性子、熱外中性子という非常に低いエネルギーの中性子とよく反応して、核反応を起こす。
 細胞の中に取り込まれたホウ素化合物が中性子と反応して核反応を起こしてα線を出して......。重粒子ですよね。それによって細胞を殺していくわけです。

 ▼ 放射線の種類については、こちらを参照。

 ですから、ホウ素の化合物がある種のがんにしか取り込まれませんから、そこに熱中性子、熱外中性子を当てれば、そのがんだけに核反応が起こって、がんが死んでいくという原理です。

[嘉山孝正・国立がん研究センター理事長]
 BNCTが何の略かを......。

[伊丹純・中央病院放射線治療科科長]
 Boron Neutron Capture Therapyです。「ホウ素中性子捕捉療法」はBoron Neutron Capture TherapyでBNCTです。

 
【目次】
 P2 → 「標準的医療ではなく先進医療をやる」 ─ 嘉山理事長
 P3 → 「世界初、日本初をがんの領域で行う」 ─ 嘉山理事長
 P4 → 「病院設置型、加速器、BNCTで世界初」 ─ 伊丹科長
 P5 → 「ホウ素を集積したがん細胞だけ死滅」 ─ 伊丹科長
 P6 → 「病院設置型加速器の最先端として確立したい」 ─ 伊丹科長
 P7 → 「我が国初の技術として世界の市場に」 ─ 伊丹科長
 P8 → 「対象はホウ素が集積する悪性腫瘍」 ─ 伊丹科長
 P9 → 「国立がん研究センター以外ではできない」 ─ 伊丹科長
 P10 → 「バラバラを横つなぎにした第一歩の研究成果」 ─ 嘉山理事長

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス