文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

「医師が12.5万人不足」 ─ 本田宏氏の見解

■ 日本の医療はガラパゴス状態


[本田宏・済生会栗橋病院副院長]
 日本の医療はWHOで世界一なんですけれども、先進国から見たら日本の病院にはかかりたくない。なぜか。日本の医療のレベルが低いっていうことを知っているからでございます。
本田宏先生スライド4.jpg 時間の関係で割愛しますけれども、こういう出来事があったことを皆さんご存知でしょうか?

 パパブッシュが倒れた時に、日本の病院に担ぎ込まれそうになった。そして自然に軽快したらしいんですね。みんなホッとしたらしいです。米国大使館の人も。

 「もし日本の病院に行って何かあったらどうしよう」って。これが日本の医療レベルなんですよ。ところが国民にはそれが知らされていません。

 皆さんご存知のように、東京では今でも救急車が俗に言う「たらい回し」でしょ? こういう先進国はないですよ、恐らく。それなのに、「医者を増やさなくていい」って言うんですから本当に無責任ですね。「超無責任国家・日本」って私は怒っているわけでございます。
本田宏先生スライド5.jpg あともう1つ。クリントン大統領のころ、奥さんのヒラリーさんがこういうことに関心がありますから、厚生長官が日本に見学に来たらしいんです、国立がんセンターに。

 そして帰ってからこのような感想を漏らしたそうです。1週間で視察を止めたそうです。日本の医療は参考にならないから。そしてこう言ったそうです。

 「ボロボロに疲れきった医師達。残念だが、医師の犠牲と我慢の上に成り立っている制度は長くは維持できない。やがて崩壊する危険をはらんでいるだろう」

 なんで、外国の人が2週間見て分かることを日本の人たちは分からないのでしょうか。私は疑問。困っちゃうな~という感じでございます。
本田宏先生スライド6.jpg まさに、「ガラパゴス化」してるんですね。日本の医療はガラパゴス状態なんですよ。だからわざわざ向こうに行かなくていいの。

 日本の医療を見れば、こういう人がいますので......。(スライドを見ながら)ガラパゴスですか、これ。


【目次】
 P2 → 私にとって最初で最後の機会
 P3 → 日本にはグランドデザインがない
 P4 → 日本の医療はガラパゴス状態
 P5 → 医療が進歩すると医者が必要
 P6 → シンプルに計算すると12.5万人不足
 P7 → 実働時間を確認しない調査
 P8 → 救急、麻酔、がん関連医が不足
 P9 → コメディカルをできるだけ増やして
 P10 → 勤務医は1人でいろんな役割
 P11 → 相対的には余っている部分も
 P12 → 茨城、埼玉、千葉に医学部を

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス