文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

現行医療計画の問題点について

■ A区の三次救急施設へのアクセス時間
 

【河原和夫・東京医科歯科大学大学院教授】
 それから、A区での三次救急、東京ばかりを例示して恐縮ですが、東京の1つの問題は環状7号線、環状8号線を取り巻く領域の南北の移動が悪い。

現行医療計画の問題点-26.jpg

 杉並区によく三次救急がいくということが、区議会でも質問が出ますが、これを見ると、つくっても搬送時間は変わらないのです。

現行医療計画の問題点-27.jpg

 このデータで、それ以来区議会での質問はなくなったみたいです。住民に対して、正しい情報をいかに伝えて、合意を得ていくかということが、医療計画には抜けていると思います。


  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス