文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

事業仕分けの国立大運営交付金見直し判定、「医療界に影響ない」-鈴木寛文科副大臣

 文部科学省の鈴木寛副大臣は15日、行政刷新会議の「事業仕分け」で国立大学法人運営費交付金の位置付けなどについて見直しを求める判定が出たことについて、医療界に対する影響はないとの見解を示した。(熊田梨恵)

 ロハスメディアの取材に答えた。事業仕分けの判定は、国立大学運営費交付金のうちの「特別教育研究経費」や大学院教育改革支援プログラムなど「大学の先端的取り組み」事業についての整理を求める判定だったとした。その上で、医療界については「大学病院には120億弱、補正を付けている」と述べ、事業仕分けの判定が国立大学附属病院に影響するものではないとした。

 2004年度に国立大が法人化されて以降、毎年1%ずつ削減されている運営費交付金について位置付けの見直しを求める判定が「事業仕分け」で出されたことについては、「これ以上削減が続いたとしたら大学病院は終わりだ」として、医療界から不安の声が上がっていた。

この記事へのコメントはこちら

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
loading ...
月別インデックス