文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

東日本大震災と東北大学医学部定員増計画

■ 東日本大震災の直後
 

【山本雅之氏(東北大学大学院医学系研究科長・医学部長)】
 次のスライドをお願いします。これはちょっと暗い写真になっていますけれども、ちょうど3月11日の夜です。

山本雅之先生資料1-02.jpg

 私どもの医学部は非常に揺れまして、それでもう建物の中にいられないので、構成員が皆体育館に避難した様子です。この夜は雪が降ってきて、寒くて厳しい思いをしました。

 次のスライドをお願いします。

山本雅之先生資料1-03.jpg

 厳しい思いをしたのは医学部の私どもだけではなくて、これは皆東北大の先輩がつくった病院なのですけれども、赤で示してありますような病院は沿岸部の病院で、ほとんど流されてしまいました。

 それでそこにありますように、幸いにして残った基幹病院、気仙沼市立病院と石巻日赤病院、これらが大車輪で活動しました。

 それで、私どものところは、地震の次の日から、医療支援チームをそちらに派遣して、避難所、それから病院の復旧に協力をしてまいりました。

 次のスライドをお願いします。

山本雅之先生資料1-04.jpg

 それで、すぐに困ったことは、物流が途絶えましたので、食べ物が入ってこない。それから生活物資も入ってこないということです。

 救援に行っている私どもの医学チームは、お店の前に並んで買い出しするわけにいきませんので、皆飢えてきています。それから東北大病院の備蓄も尽きていて、患者さんに食べさせるものもなくなる心配が出てきました。

 そこで、全国の医学部の皆さん、それから関係者の皆さんに緊急にご支援をお願いして、支援物資を積んだトラックをチャーターして道路を走らせました。これは荷物を受け取っている様子です。

 このような荷物が救援に当たっている医師の生活を支えました。それから公的な支援が入るのに時間がかかりましたので、最初の2週間ほどは、避難所に行く医療チームにたくさんの物資を持たせて、支援に当たっていました。

 全国の皆さんから大変温かいご支援をいただきました。支援をいただいた皆様に、この場を借りてお礼を申し上げます。
 

【目次】
 P2 → 東日本大震災の直後
 P3 → 東北大学医学系研究科の復興計画案
 P4 → 地域医療の復旧から復興へ
 P5 → 東北大学医学系研究科の取組
 P6 → 震災復興と入学定員増
 P7 → 医師・医療系職業人の育成
 P8 → 東北大学医学部卒業生数
 P9 → 東北大学医学系研究科における教育
 P10 → 東北大学医学部医学科の定員増計画
 P11 → 定員増計画の背景
 P12 → 研修医マッチング
 P13 → 医学部の認証問題
 P14 → 災害に関する教育
 P15 → まとめ

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス