文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

東日本大震災と東北大学医学部定員増計画

■ 東北大学医学系研究科の復興計画案
 

【山本雅之氏(東北大学大学院医学系研究科長・医学部長)】
 次をお願いします。それで、私ども医学部も復興しなければいけないというので、災害対策本部をつくり、復興案をいろんな形で進めております。

山本雅之先生資料1-05.jpg

 大体3つぐらいのことをやろうかと思っているのですけれども、どうしても研究者の流出、それから医師の流出が起きますので、それを補うような優れた医師・研究者を、積極的に招聘しなければいけないだろうと思います。

 それから崩壊した地域医療を支える医療系の人材を育成していく、ここが今日のお話をさせていただきたいところです。

 さらに、東北大学の医学部・医学系研究科が失速してしまうようでは、東北地方の復興はあり得ないと思いますので、最先端研究拠点を形成して、それで復興に当たりたいと考えております。
 

【目次】
 P2 → 東日本大震災の直後
 P3 → 東北大学医学系研究科の復興計画案
 P4 → 地域医療の復旧から復興へ
 P5 → 東北大学医学系研究科の取組
 P6 → 震災復興と入学定員増
 P7 → 医師・医療系職業人の育成
 P8 → 東北大学医学部卒業生数
 P9 → 東北大学医学系研究科における教育
 P10 → 東北大学医学部医学科の定員増計画
 P11 → 定員増計画の背景
 P12 → 研修医マッチング
 P13 → 医学部の認証問題
 P14 → 災害に関する教育
 P15 → まとめ

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス