文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

入院、外来、在宅医療について(総論) ─ 質疑応答

■ [診療側] 「地域に密着した病床」の意味
 

[鈴木邦彦委員(日本医師会常任理事)]
 たくさんあるんですけど、全部1回で言ったほうがよろしいでしょうか? (委員ら笑い)

[森田朗会長(東京大大学院法学政治学研究科教授)]
 お任せいたします。

[鈴木邦彦委員(日本医師会常任理事)]
 まずあの......、全体についてはその......、まあ、中医協って言うとその......、改定を議論するということで、どうしても議論が細かく、小さくなってしまうんですが、全体の話をですね、大きく取り上げていただいて非常に良かったと思います。

 まあ、日本の医療を考え......、まあ、どのように持っていくかと言うと、......やらなければいけないだろう......ところだと思うんですけれども、まあ、従来はその、............(再現不能)......小さな所で、あとは在宅でというような、あの......、時代があったかと思うんですけれども......。

 最近、我が国は、............の高齢社会でですね、中小病院とか診療所のベッドとか、あるいは診療所といったものを......というようなことになってきたので、それでその......、「地域に密着した病床」とか、「地域一般病床」とか、「地域に密着した病院」なんてものが採り入れられるようになったのかなーと思っておったんですが......。

 やはりちょっと話を聞きますと、その、「地域一般病床」と、「地域に密着した病床」というのはなんか同じようなものを指しているようなんですが、これがこの、非常にあの、医療資源の少ない所のみを対象とするようなイメージで、その、あの......。

 (社会保障と税の一体改革)成案のほうでは、(地域一般病床が)24万床とか書いてあるんですけど、この実際のですね、この例を見ると、非常にあの、限定されたですね、例えば......、えー......、39ページの......、おー......、ですね......、その......、左側の上の見ると、その......、なんですか......。

入院、外来、在宅(総論)-039.jpg

 (患者流出割合が低く病床数が少ない地域は)3医療圏、8医療機関あるわけですね。非常に少ない話になってきているので、これで......、これがですね、あの......、そういう状態......、医療資源の少ない所......。

 これは、私はきちっとですね、やれるように、急性期医療を中心に守らなければいけないと思うんですが、そういう限定したものなのか、あるいはある程度ですね、地方だけじゃなくて、市部でもですね......、そういった......というのかな、......を持った意味で、あの......、急性期医療のですね、カバーできない所もありますから、そういったことももろもろも含めていくものなのか。

 というのは、一方でその......、えー......、っと......、8ページのその......、「医療・介護の提供体制の将来像の例」って、そこに出てくる「地域に密着した病院」というのはですね......、これはあの、これは何て言うんですか......。

入院、外来、在宅(総論)-008.jpg

 これを見ると、「小・中学校区レベル」......、複数のですね、あるいは地方なんかですと、大きくした上で広く、ということになるんでしょうけれど、かなりこれは地域にですね、たくさん必要だということのイメージがありながら、同じようなこの3つの言葉ですね。

 「地域に密着した病床」と「地域一般病床」と「地域に密着した病院」、そのイメージがですね、本当にこの、なんかズレて、一致してないような気がするんですけれども、まあ、それはどのような内容なのかをですね、えー......、示していただければというふうに思います。

 ちょっとあと、長くなるので、まずはここまでにしておきます。

[森田朗会長(東京大大学院法学政治学研究科教授)]
 はい、ありがとうございました。

 (医療課長が小さく挙手したように見えたが、支払側の白川委員も挙手)

 はい、続いて白川委員。
 

【目次】
 P2 → [診療側] 地域特性への配慮
 P3 → [診療側] 「地域に密着した病床」の意味
 P4 → [支払側] 一般病棟の長期入院等
 P5 → [診療側] 改革シナリオ等
 P6 → [支払側] 一般病棟の長期入院等
 P7 → [診療側] 改革シナリオ等
 P8 → [支払側] 「地域一般病床」の算定根拠等
 P9 → [支払側] 一般病棟の長期入院等
 P10 → [公益側] 中医協の審議範囲等
 P11 → [診療側] 改革シナリオ等
 P12 → [厚労省] 「具体的なご質問にだけお答えしたい」
 P13 → [診療側] 療養病床の削減方針
 P14 → [厚労省] 「亜急性期に3つが混在している」
 P15 → [診療側] 在宅療養支援診療所等
 P16 → [診療側] 「地域に密着した病床」等
 P17 → [支払側] 診療科別の医師数等
 P18 → [公益側] 診療計画の公表等
 P19 → [診療側] 改革シナリオ等
 P20 → [支払側] 改革シナリオ等
 P21 → [診療側] 診療報酬改定の重点課題
 P22 → [診療側] 改革シナリオ等
 P23 → [厚労省] 「先を見越した課題に取り組んでいく」

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス