文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

急性期病院の機能評価、迷走再び

■ 「アンケート調査か、データ分析か」 ─ 小山会長代理
 

[小山信彌分科会長代理(東邦大医療センター大森病院心臓血管外科部長)]
 (次期改定で導入する係数について)「アンケート」という形を取って調査するのか、あるいは松田委員が言っているように出されたデータの分析を行って評価するのか、どちらか。両方やるのか?

[保険局医療課・丸山慧主査]
 そういう意味では、(資料)2の(3)が既存のデータで集計できる項目。

 ▼ ??? チンプンカンプン。資料の2の(3)には、「急性期入院医療に係る評価」と書いてある。小山先生の質問は、次期改定で導入する予定の項目を選定するために「アンケート」をやるのか、それとも「E・Fファイル」などからのデータで絞り込むのかという意味だろう。

 病院の負担を考えれば、2の(3)で何かできることを考えるべきだろう。

 ▼ 意味が分からない。みな黙ってしまった。傍聴していた西澤寛俊・全日本病院協会会長は帰ってしまった。


【目次】
 P2 → 厚労省の説明① ─ 調査の目的
 P3 → 厚労省の説明② ─ H21調査の再集計
 P4 → 厚労省の説明③ ─ H22調査
 P5 → 「様式1のデータも調査すべき」 ─ 池上委員
 P6 → 「平成21年と22年のデータを比較できるか」 ─ 酒巻委員
 P7 → 「アンケートを提案した理由は2つ」 ─ 厚労省
 P8 → 「評価が得られなければ改善もあり得る」 ─ 池上委員
 P9 → 「医療圏によって違ってくるのではないか」 ─ 金田委員
 P10 → 「影響の評価とは、どういうことを見るのか」 ─ 小山会長代理
 P11 → 「今後、導入を検討する項目案は出ていない」 ─ 厚労省
 P12 → 「今あるデータを整理する作業がまず必要」 ─ 松田委員
 P13 → 「アンケート調査か、データ分析か」 ─ 小山会長代理
 P14 → 迷走は続く

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス