文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

急性期病院の機能評価、迷走再び

■ 「評価が得られなければ改善もあり得る」 ─ 池上委員
 

[池上直己委員(慶應義塾大医学部医療政策・管理学教授)]
 (複雑性係数や効率性係数など)このたび導入した係数について分科会としては議論したが、現場はどのように評価しているかがまず第一にある。

 今後、この係数を継続的に使用するという前提に(厚労省は)立っているが、ポジティブな評価が得られなかった場合には、改善もあり得るのではないかと思う。
 係数をどのように現場、特に病院長が評価しているか。先ほど、「複雑性係数」や「カバー率係数」について、「インセンティブの意味合いがある」と表現されたが、「インセンティブ」として受け取られているのかどうか?

 そういうところから、アンケートをしたほうがよろしい。(資料では)「職員」となっているが、係数は病院全体のすべてのDPC対象患者に関係するので、少なくとも病院長がこれをどう評価しているか、病院長を対象にしたアンケートをなさってはいかがだろうか。 

[西岡清分科会長(横浜市立みなと赤十字病院長)]
 ありがとうございました。病院単位での評価を出していただくということでございますね?

[池上直己委員(慶應義塾大医学部医療政策・管理学教授)]
 この係数をDPC評価分科会では「良い」と評価したけれども、現場で評価されているか分からないし、インセンティブになっているかも含めて(アンケートに)お答えいただければと思った次第です。

[西岡清分科会長(横浜市立みなと赤十字病院長)]
 ありがとうございました。(中略)


【目次】
 P2 → 厚労省の説明① ─ 調査の目的
 P3 → 厚労省の説明② ─ H21調査の再集計
 P4 → 厚労省の説明③ ─ H22調査
 P5 → 「様式1のデータも調査すべき」 ─ 池上委員
 P6 → 「平成21年と22年のデータを比較できるか」 ─ 酒巻委員
 P7 → 「アンケートを提案した理由は2つ」 ─ 厚労省
 P8 → 「評価が得られなければ改善もあり得る」 ─ 池上委員
 P9 → 「医療圏によって違ってくるのではないか」 ─ 金田委員
 P10 → 「影響の評価とは、どういうことを見るのか」 ─ 小山会長代理
 P11 → 「今後、導入を検討する項目案は出ていない」 ─ 厚労省
 P12 → 「今あるデータを整理する作業がまず必要」 ─ 松田委員
 P13 → 「アンケート調査か、データ分析か」 ─ 小山会長代理
 P14 → 迷走は続く


  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス